会社法定義

会社法定義

会社法定義

金融庁の企業会計審議会が会社法(「株式会社の業務を適正に行う為の体制」である(会社法326条より))に基づいて決定した基準はCOSOの定義を元にフレームワークが作成されているが4つの目的(COSOは3つの目的)と6つの構成要素(COSOは5つ)からなる。
4つの目的:
@業務の有効性及び効率性
A財務報告の信頼性
B事業活動にかかわる法令等の遵守
C資産の保全(日本独自)
6つの基本要素
@統制環境
Aリスクの評価と対応
B統制活動
C情報と伝達
Dモニタリング(監視活動)
EIT(情報技術)の利用(日本独自)
対象は商法上の大会社(資本金5億円以上、負債200億円以上)

ホーム RSS購読 サイトマップ