法人格否認の法理

法人格否認の法理

法人格否認の法理

会社と社員(会社法上の社員=会社に出資した人)が別個である(会社の法人格)ことが正義に反する場合や会社の法人格を乱用していると認められる場合に会社の法人格を否定し、会社と株主を同一のものとみなすこと

ホーム RSS購読 サイトマップ