繰延資産

繰延資産

繰延資産

繰延資産とは、既に支出した費用のうち、その効果が翌期以降の将来に現れると期待される費用を資産として計上したものです。この繰延資産は、費用の資産化であって、資産価値や換金性はありません。決められた期間内に費用処理されます。企業会計原則では、創立費、開業費、新株発行費、社債発行費、社債発行差金、開発費、試験研究費、建設利息を繰延資産として計上できるものとしています。しかし、資産計上は強制ではなく、任意です。

ホーム RSS購読 サイトマップ