クロス取引

クロス取引

クロス取引

クロス取引とは、有価証券などをあらかじめ契約した売却先へ売却し、その後、同じものを同数同価格で買い戻す取引である。決算対策として、含み益がある有価証券などを売却して売却益を計上するための手段として利用されていました。金融商品会計の導入によりこのような取引は融通取引として売却損益は発生しないものとなりクロス取引は行われなくなりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ