損益分岐点分析

損益分岐点分析

損益分岐点分析

企業が事業分析を行なう際のもっとも基本的な手法である。たとえば、ある製品に関して、予定した価格と原価構成で損益分析点に達するためには、何個の製品を売ればよいかを試算するケース。ここで、損益分岐点とは、売上高と費用(固定費+変動費)が一致するときで、利益はゼロ(売上と費用が均衡するため利益も損失も発生しない)となる点(売上高)をいう。したがって、売上高が損益分岐点売上高より下回るときは損失が発生し、上回ると利益が出ることとなる。
損益分岐点売上高を算出する式は以下のようになる。
売上高から変動費を引いたものを限界利益といい、限界利益を売上高で割ったものを限界利益率という。
 限界利益率=限界利益/売上高
         =(売上高−変動費)/売上高
         =1−変動費/売上高
損益分岐点は利益=0 のときの売上高なので、次式が成立するときの売上高が損益分岐点となる。
 限界利益=売上高−変動費=固定費
したがって、
 損益分岐点売上高=固定費/限界利益率
             =固定費/(1−変動費/売上高)
             =固定費/(1−変動費率)

ホーム RSS購読 サイトマップ