確定決算主義

確定決算主義

確定決算主義

確定決算主義とは、商法上、株主総会によって承認された決算書にもとづいた利益を基礎とし、税法の規定により調整を加えることで課税所得の金額の計算(税務申告書作成)を行うことを意味する税務上の原則をいう。これは、法人税法における収益・費用、損失について法人の意思表示を重要視し、法人に課税所得の計算を行わせる考え方である。ただし、一度確定した会計処理で所得計算を行った場合、法人税申告時に変更はできない。

ホーム RSS購読 サイトマップ